スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

貧乏性

2009年10月15日
今日、図書館で20回以上は借りたであろう、ある小説をやっと買いました(笑)

だって、どんな図書館にもあるんだもん。

もし、私が事件に巻き込まれたりなんかして
どーゆーわけか図書館の過去歴とか調べられちゃったら
「おいおい!何回借りてんだよっ!」
って言われたら恥ずかしいので(いまさら?)

題名は恥ずかしいのでヒミツ。
そんな紹介するほどのものでもない。

でも私の10代の頃の環境面、内面、あらゆることがシンクロしていて
読んでると10代の自分を30代目線で見下ろすことができるんです。

ちなみに私の10代はかなり波乱と苦悩に満ちていて
よく本書けば~って言われたりする体験をしています。

多分、この本を自分のものにできたということは
やっと十数年前の出来事を受け入れることができたってことなのかな。

ひとり言でした。

ジャケット

単行本705円をケチっていたわりにジャケット2着。

レザーは店員さんも口角を下げるほど似合わないようなので
ツイード2着でがんばります。


スポンサーサイト
未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。